広島県東広島市八本末東の内科・胃腸科・循環器科・外科・リハビリテーション科 マイクリニック

広島県東広島市八本松東の内科・胃腸科・循環器科・外科・リハビリテーション科 マイクリニック

〒739-0142
広島県東広島市八本松東3丁目31-26
TEL 082-497-3232
▲Mobile Site 
トップページ»  お知らせ

お知らせ

インフルエンザについて

インフルエンザは通常12月から翌3月頃にかけて流行する感染症のひとつです。
潜伏期は1~2日と短く、急な40℃近い発熱の後に、鼻汁やのどの痛みやふしぶしの痛み、頭痛、だるい、食欲不振などの症状がでます。軽症の場合は5~7日で軽快します。高齢者の場合は肺炎、小児はインフルエンザ脳症などの合併症がひきおこされることがあり注意が必要です。

★インフルエンザワクチンについて★
インフルエンザウィルスは毎年のように変異しながら流行しますので、ワクチンは毎年そのシーズンの流行にあわせたものが製造されます。
効果は接種後約2週目ごろからあらわれ、3~6ヶ月くらい持続します。発症時期より11月中までの接種が理想的ですが、流行時期からするとそれ以降の接種でも効果はあると考えられます。
感染機会の多い保育所、幼稚園、小中高生や受験生の方、職業上インフルエンザにかかると困る方などに接種をお勧めします。また65歳以上の方、あるいは60歳以上で肺・心臓・腎臓などに病気がある方、それらの同居家族の方は接種が望まれます。

・接種方法
0歳~13歳未満:約4週間の間隔をおいて2回注射
13歳以上:1回又は約4週間の間隔をおいて2回注射
(65歳以上のかたは1回で十分という報告があります。13歳以上65歳未満の方でインフルエンザに数年以内にかかられた方や毎年受けておられる方は1回接種でも効果があると考えられますが、充分な調査はされておりません。)

禁煙外来を始めました。

たばこは発癌だけでなく、脳卒中や心筋梗塞、肺気腫(肺がもろくうすくなる)などの重大な病気や皮膚の異常(深いしわ・黒ずみ)などの老化現象を引き起こします。低タールタバコでも普通のタバコと同じ程度の発癌のリスクがあることが知られています。
また副流煙は主流煙よりも多くの有害物質を含んでおり、周囲のひとの体に有害な作用(気管支喘息、子どもの知的能力の低下・切れやすい性格など)をもたらします。別の部屋で吸う、吸った後換気する、空気清浄機を置くなどの分煙では自由に喫煙した場合と比べても子供の体に入るニコチン量はかわらず(煙が広く拡散し室内に残るため)、子供たちをタバコの煙から守ることはできません。
自分自身と家族の問題であると考え、禁煙にチャレンジしてみてはどうしょうか。
初めは気楽な気持ちでご相談ください。

機能性胃腸症について

胃に病気がないのに調子が悪い!

ご存知ですか・・・・機能性胃腸症

検査をしても胃に潰瘍や癌などないのに食後におなかがはったり、痛み・胸焼けを感じることはありませんか?胃の働きが悪くなり、こういった症状が出る機能性胃腸症が注目されています。最近話題となったところでは辞任された安倍総理もこの診断で体調をくずされたと聞いています。
胃の働きが激し過ぎたり遅過ぎたりして、うまく食べたものが腸に送られなかったり、胃酸が出過ぎることによっておきるのではないかと言われています。
誘因として食生活の乱れ(食べ過ぎ、偏った食事など)や疲労、睡眠不足、ストレスなどがあり、現代人では誰もがかかってしまう可能性があります。
治療として食生活の改善をして経過をみるか、内服療法を行いつつ食生活を改善し徐々に薬を減らしていく方法があります。薬の種類には胃の働きを調節する薬、胃酸を抑える薬、安定剤や漢方薬などがあり症状に応じて使い分けます。食生活の改善法は朝食をちゃんととって規則正しい食事をすることや、ゆっくりよくかんで食べ、脂や糖分の多い食事を控えるようにすることなどです。運動や十分な睡眠をとるなどストレスの発散も重要です。